アウトドアでつかうスキンケア 森海谷

人にも環境にも負荷のないノンケミカルの日やけ止め濃縮化粧水


アウトドア用品の輸入販売代理店 STATICBLOOM[ スタティックブルーム ]が オーガニックコスメブランド「フルフリ」さんと開発しました。



*じっさいに試してみたいなど お取扱店舗はこちら(本サイトへリンク)


出発点は「自然の中で遊ぶなら、人にはもちろん環境にも負荷のないものをつかおう!」

世の中には数多くの日焼け止めがあります。日焼け止めに含まれる成分が海や川に溶けてサンゴを死滅させ、環境ホルモンとして生物に影響を及ぼすものもあります。しかも「伸びがイイ」「つけ心地がイイ」と謳う日焼け止めにはシリコンやポリマーなどケミカルな成分が多いのです…


自然をフィールドに遊ぶ皆さんには自然や人体に悪影響のないものを使ってほしい
◆ケミカルな日焼け止めを使わない
◆単にSPFやPAの値が高いという基準だけで肌につけるものを選ばない
◆自然素材100%でも機能に高レベルを求めたい

そんな願いやこだわりから自然フレンドリーなもの、つくりました。
しかも、UVB(紫外線B波)だけでなく、肌の奥の細胞に影響し発がん性を指摘されるUVA(紫外線A波)も高いレベルで防いで身体を守ります。


>>森海谷シリーズ 日やけ止めの特徴のひとつ<<

紫外線吸収剤をつかわない日やけ止めのメリット
紫外線をブロックする成分は、大きく分けると

「紫外線吸収剤」

「紫外線反射剤」

の2つがあります。 「紫外線吸収剤」は紫外線を吸収して熱や赤外線のエネルギーに変えて放出する方法。 そのため、皮膚のうえで化学反応が起き、大きな負担を与えてアレルギーになったり肌が荒れてしまう可能性があります。

身体だけでなく、2001年以降、オキシベンゾンやベンゾフェノンなどの吸収剤の成分は環境ホルモンの影響があることもいくつかの研究機関で発表されています。海の森ともいわれるサンゴ礁を死滅させてしまうことも分かりました。このほどハワイ州でやっと、オキシベンゾンとオクチノキサートを使用した(主に紫外線吸収剤として使われる)日焼止めの販売を禁止する法案も可決(2018年5月)されました。


アウトドア用品を扱うSTATICBLOOMでは、ケミカルなものをそぎ落としたいと考えました。

敏感肌のかたにも定評のあるオーガニックコスメブランド「フルフリ」さんと協力し、肌ケアをしっかり考えた成分に。もちろん、紫外線吸収剤は使わず「紫外線反射剤」である酸化亜鉛をつかいました。

余分なものはそぎ落としたい。

合成界面活性剤や、合成防腐剤も使わないのはもちろん、肌がいきいきと活動できるように、万が一口にしてしまっても害のない成分を選びました。

ナチュラル派の日やけ止めに見受けられる

ベトベトする感じを極力なくして素肌感覚で塗りやすくした日やけ止めです


また、荒れた肌のケアもできる基礎化粧品として、濃縮化粧水も一緒につくりました。

デザインはkma一級建築士事務所に依頼。

製造は自然派コスメに定評のある日本の工場、クリエイティブコスメラボでつくっています。

●濃縮化粧水「谷」
成分の約95%は水でできている化粧水。「谷」たには、その水の重量を減らし、肌にイイ成分だけ凝縮して軽量化。持ち運びやすいボトルサイズにしました。
だから、山でも海でも空でも、アウトドアや旅先でもつかえます。

●日やけ止め「森で、日やけ止め。」「海で、日やけ止め。」
こちらも紫外線吸収剤、合成界面活性剤、合成防腐剤、合成香料、合成色素など ケミカルなものは一切不使用。 だから、川や海の自然も大丈夫。 人にもやさしく、子供から大人まで家族全員でつかえるのが嬉しい。
白くなりにくい、すっと伸びるなど塗りやすさも重視してつくりました。

ALL 全 3 商品

  • <
  • 1
  • >
  • < Prev
  • Next >
3商品 1-3表示